家具・インテリアの重要性-ソファとベッド-

Interior Decoration Room インテリアの情報サイト

機能的な空間

機能的

家に住むというのは、生活の大きな外殻を成すことである。生活の基盤となるさまざまな要点がそこに集約されており、しかしながらそれはあくまで快適に暮らすための受け皿となることなのでメインとなることではない。「人の暮らしのための空間」とも言えるので、あくまでサポート役だと言えるのである。

しかしサポート役だからこそ重点を置く必要がある可能性が高い。生活の充実はもちろん様々な要素が関わってくるものであるが、その中でも空間の充実かなり大きな要素を占める。特にその充実に必要不可欠なものが家具である。

家具はそれがあるだけで機能性や快適性をプラスしてくれるものである。くつろぎの空間という言葉を聞いた時に必要なのは空間の持つ雰囲気と、そこに合うような機能性を持つ利便性を備えたもので、そのどちらが欠けてもくつろぎにも快適にも及ばない。

後から

家具には大きく分けてふたつの種類がある。ひとつは家の作りに応じてもとから備え付けのものとして用意されているもの。これは予め位置が決められており、その家の間取りやデザインによって大きさや配置などが決まっているものである。

もうひとつは別の単体として存在するもの。これに関しては機能をもつ物単体として存在しているので、家人の自由にその配置を変えることが出来る。ひとつのジャンルのものでもブランドによっては大きさや材質に違いがあり、形状に関しても主となる部分は決まっているがデザインが入っていて個々に違いがあるものが多い。

機能拡張

用途

家具とは生活空間の後付の基本設備であり、元ある設備によってもたらされる機能をより拡張することが出来るものであると言える。そこにこだわりを持つことが生活空間を使用する人が望む「快適性」という一点を叶えるために重要なものである。

生活に合わせてその形状や用途を変える必要があり、きちんと目的に合うものや利便性を重視した内容のものであれば、生活の中に些細な変化が生まれてそこに快適性が生まれる。ひとつの種類をとってみても本当にたくさんの製品があるが、その中で家にあったもの、用途に合ったものを用意することが正しい家具の選び方である。


othersite

インテリアの専門学校があるのをご存知ですか?「桑沢デザイン研究所」